のほほん育児日記

8歳の長男ゆうきと、6歳の次男ひできと、年下の夫との4人家族。かわいいお母さんであり、かわいい妻でありたい!育児、ハンドメイド、お菓子やパン作り、毎日のことを日記にしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日9月17日は夫と私の結婚式記念日でした。
そして初めて出会った日の記念日でもあります。
結婚式からまる3年、出会ってからまる4年経ちました。
2005年9月に出会って、2006年6月にはもう入籍していたので、いわゆる電撃結婚です(^^)
当時、夫が私に猛烈アタックでした(たぶん笑)
しぶしぶ私が結婚してあげたのです(笑)
出会った頃は夫が23歳、私が24歳とまだまだ若かった。。。。。今では夫が27歳で私が28歳。
そしてもうすぐ29歳。二人ともあっという間にアラサーです。そしてあっという間に二児の親。
できればこれからも初心を忘れず(いつもすっかり忘れていますが)仲良くしていきたいです。

昨晩、私が記念日を電話中に思い出し、夫に「今日何の日でしょうか」と問い掛けると、「おおう!!そうじゃそうじゃ」とすっかり忘れていました。今回はめずらしく私が記念日に気が付きました(^^)ふふ

20日に自宅へ戻ります。
今朝おばあちゃんがゆうきくんに「あさってはおじいちゃんとおばあちゃんとばいばいするんよ」と言うと、「いやだぁ?だめぇ?」と眉間にしわをよせていました。4ヶ月かわいがってもらったからばいばいはつらいね。
今日は最後の保育園に行きました。楽しく過ごしてくれてるといいな。

スポンサーサイト
11日金曜日は、もうすぐ敬老の日ということで、保育園では祖父母参観がありました。
おじいちゃんがカメラをもって参加!(その写真を携帯で撮ったので画像が悪くてすみません)
到着するなり、さっそく9時に朝のおやつです。
手はおひざ   がちゃんとできています(^^)  
おじいちゃんいわく、みんなが手を洗って着席していただきますをするまでゆうきくんはこのまま15分待っていたそうです。

まちくたびれて  あくびがでちゃう?
090914_111615_ed.jpg

じぃ?
090914_111643_ed.jpg

あむあむ  おいしいな
090914_111911_ed.jpg

エプロンをまるめておかたづけ
090914_111931_ed.jpg

せんせいのおひざで ゆらゆら だいすき 
090914_111804_ed.jpg

おともだちとわいわい
090914_112735_ed_ed.jpg

最後に手作りの小物入れをもらったそうです。
090913_150057.jpg
おじいちゃんの感想「おやつを15分じーっといいこにして待っとるのが不思議。家じゃいっこもじーっとせんのにね。保育園はすごいね。」でした。
へー、じーっと待つゆうきくんは私には想像できません。先生すごいなー!
おやつの後、みんなで遊んでいて、同じくらいの女の子がブロックを貸してと言ってきて、ゆうきくんは「どうぞ」と渡したそうです。ありがとうと言われて「どういたしまして」って答えたそうです。すごっ!
その後、一歳と二歳でそれぞれちょっとしたダンスのようなものを披露してくれたそうなのですが、ゆうきくんはなぜか一歳組のほうで途中からいきなり前にでて参加し、二歳の出番ではおじいちゃんのおひざで鑑賞していたようです。
きっと園ではこの日のために練習していたはずなのに、ゆうきくんは気ままです笑
あと一週間の保育園生活ですが、楽しく過ごしている様子がわかってよかったです(^^)

その日の夜、急に9度2分熱がでました。
が、暴れてはしゃぎすぎて。。。。。。
090912_123554.jpg
小指を負傷。。。。。。
090912_125322.jpg
ひできくんも7度9分あり、流行の豚インフルかと思って焦りましたが、次の日には二人ともすっかり平熱に戻り元気になりました。病院にいくこともなく、大事にいたらなくてよかった。ほっ。

そんなこんなで過ごしている実家生活もあと一週間。4ヶ月あっというまでした。
090909_170317.jpg
おじいちゃんおばあちゃんにとっては長い4ヶ月だったのかな笑
お世話になりました(^^)
忘れないうちに、ひできくんが誕生したときのことを記録に残しておきます。
なまなましいお話なので、苦手な方は読まないでくださいね。ごめんなさい。

7月30日(木)(妊娠37週と5日)の朝、出血があったので、一応入院の準備をして産婦人科へ行きました。
診察の結果、小さいけれどおなかの張りが何度もあり、子宮口もやわらかくなっているからということで、急遽その日13時から手術をすることになりました。夫はちょうどその日は泊まりで鳥取の出張に行っていました。残念でしたが、夫の立会いなしでがんばる覚悟を決めました。

11時すぎごろから手術台へ寝て、点滴や導尿などの準備が始まりました。
気付くと血管から点滴がもれていれ、腕がふくれていてびっくり!もともと血管が細いので看護士さん泣かせの腕なんです。結局手首から点滴さしなおし。。。痛みに弱い私はこれだけで半泣きでした。
バタバタと準備が始まる中で、いよいよ赤ちゃんに会える!とわくわくしていた気持ちが、だんだん緊張してきて怖くなってきました。ぞお?(・・;)
先生が背中から麻酔をいれるということで、指示どおりに手術台で横向き寝てそのまま体操座りのポースをとりました。(あーそういえばゆうきくんのときも陣痛に苦しみながらこのポースをしたしたと振り返ったりもしながら。。。。)一度ではいい位置に入らなかったのか、うまくいかず二度さされました。。。痛いよ?と、ここでまたまた半泣きに(><)
しばらくして、麻酔がちゃんと効いているかおなかや足に氷をあてて、先生が確認するやりとりをしました。
「ここは冷たい?」  「いいえ」  「ここは?」  「冷たいです」  「え??そんなはずはないよ」   「いえ、冷たいです。。。」  「う?ん、まあおへそのところまでは切らないから大丈夫、始めましょう」
え?!!!!?????うそ?ん!!!もっと麻酔効かしてください、やり直してください!!!!とはもう言えずに、さらに助手をしてくださる先生が早く到着したということで、予定より早めにさっさと手術が始まりました。
「いたい?」「う?ん」とうなりながら、ゆうきくんのときと麻酔のききが全然ちがうんですけど!!!と何度も心の中で叫びました。
090911_112743_ed.jpg
左手をずっと握ってくれる看護士さんと、少し離れたところから「もう少しよ、がんばって」と応援してくれる母の声がせめてもの救い。。。。というくらいつらかった。。。。写真は苦しんでいる私の様子。

しばらくして「あたまがでてきたよ」と母と先生の声が重なって聞こえた次の瞬間、おなかがグイッ押された感覚と同時に、ゴボッと赤ちゃんがおなかからでてきて「おぎゃーおぎゃー」と泣いていました。
私は涙がこみあげてきました。
あーよかった、無事にうまれた?あかちゃんちゃんといきてるよ?
感動と安堵感で胸がいっぱいでした。
090911_112352_ed.jpg
12時58分、ひできくん誕生。
2945グラム、48センチの男の子。
おばあちゃんがへその緒をきってくれました。その様子をゆうきくんもしっかり見れました。
写真は助産士さんが処置をしてくれている様子。(おじいちゃん撮影)

その後、おなかを閉じるために続く手術の痛みで私は処置をされる赤ちゃんを見る余裕もありませんでした(^^;)おなかを縫われる感覚どころが、今回はグイグイ縫われる痛みを味わいました。
12時半ごろ、もうだめだーと心がおれそうになりかけたとき、目の前を覆っていた幕が外されて、二人の先生が「お疲れさま、よくがんばったね」笑顔でこちらをのぞきこんでくれたので、手術が終わったんだーと力が抜けてまた泣きました。
いやーつらかった  ←こればっかり(笑)

3時に手術台から部屋へ移されるときにはすでに麻酔が完全に切れていて、苦しむ私をみて看護士さんが「脂汗がでてる!早く痛み止め打ちますね」とびっくりするくらいでした。
一晩、背中から3時間おきに痛み止めをいれてもらっても足がほのかにしびれるくらいで一睡もできずでした。傷と後陣痛のあまりの痛みに、ベットの上で痛みのがしにブリッジのポーズを何度もしました。おなか切ったばかりなのに、こんなポーズしてる私って何?。。。。。当時は必死でした(^^;)
明け方、痛み止めが効いてないみたいだからと座薬にしてもらいました。座薬は痛み止めほど効果はないけど、効果は持続するからと説明をうけましたが、、、、いえ!!めちゃくちゃ効きました!痛み止めよりはるかに楽になりました!(結局、最初から背中の麻酔のチューブがいい位置に入ってなかったんだと私は推測しました(><))
薬を入れてもらってからは元気になり、すぐに起きあがれるようになり、お昼には立ち上がり、夕方にはその日の点滴がおわったので、導尿も外してもらい、病室の外を散歩できるようになりました。
ゆうきくんのときは歩くのに3日かかったけど、今回は回復が早かったです。
ただブリッジを何度もしたせいか、二日目の晩は筋肉痛で苦しみましたが笑

当日は、もう子供は二人だけ。三人目なんて絶対ありえない!と思いました。

が、かわいい寝顔をながめるたびに、すでに入院中から、たった一日がんばればいいんだったら子供もう一人生んでもいいかも。。。。。。とすでに気が変わってきつつありました。。。。
出産の痛みって忘れるもんだと聞くけれど、本当に忘れてしまうのでこわいです笑

いやー何はともあれ、へたれの私が無事に子供を二人生めました。めでたしめでたし。
まあこれからの育児のほうがよっぽど大変なんでしょうけどね(^^;)
お多福? ・・・・かと思いきや、生まれて一ヶ月を迎えたひでくんです。
090906_142446.jpg
この世に誕生して、まだ一ヶ月。すでにものすごい貫禄と存在感。りっぱです。
090907_091725.jpg
9月2日に一ヶ月検診がありました。
身長 2945グラム → 4460グラム (1515グラム増)
体重 48センチ → 53センチ (5センチ伸)
めちゃくちゃ太ってる!!と言っても、いちおうこれでも新生児の平均なのです。まあすくすくと育っているようでよかった。
生まれたころの折れそうな腕や足はどこへやら。手首は輪ゴムをはめたようにむっちりです。
やっぱりお顔は油ギッシュ。おばあちゃんに”てんぷらちゃん”と呼ばれています。


そしてこちらは一人ストリップ劇場。
090906_204125.jpg
お兄ちゃんは、パンツを履き、なにやら踊っています。
まったく進んでいないトイレトレーニングですが、しまじろうに影響されパンツを履きたくなったようです。いちおう4月の入園までにお昼はパンツで、というのが母の目標ですが、まああせらず見守りたいと思います。
090901_094750.jpg
これは私の顔を描いてくれました。
目、耳、鼻、口、まゆげ、髪までばっちり。まんまるな輪郭までそっくり笑
将来は画家!?

090904_154336.jpg
夏休みの間がんばったラジオ体操です。おじいちゃんの足にしがみついているだけの日があったり、大泣きしたり、上手に体操ができたり、いろいろでしたが、土日祝、おぼん、雨天の休み以外はほとんど参加できました。スタンプが薄いけど全部で12回の参加です。
私の小学校のときは三日ぼうずにもならなかったので、これはすばらしい成績です。パチパチ。よくがんばりましたねー。

そして本日でゆうきくんは二歳半になりました。
5日と8日に私の高校のお友達が実家に遊びに来てくれました。
おしゃべりしたり、とっても楽しい時間が過ごせました。ありがとう!
また帰郷したら会おうねー!
たくさんの方々に支えられて子供達は大きくなっていけることにしみじみ感謝です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。